​KOUJILabo.PARTAGEチームメンバー

糀の可能性に着目し、

岸上 奈渚子所長

飲食店や料理教室を運営する中で

話せる発酵屋」として活躍中。手がける高品質の発酵食品を求めるファンは全国に広がっている。

ハッピー太郎醸造所 池島幸太郎研究員

滋賀県大津市育ち。ハッピー太郎醸造所店主。酒蔵修行12年。3つの蔵に勤める。その後有機農業法人で農業や味噌加工に従事し、中山間地と農産加工の可能性を知る。また、大阪の日本酒専門店「山中酒の店」で食と酒の楽しさの最前線を経験。田舎暮らしと都会暮らしを経験することで、農家から加工、消費者の点が現実は断絶していることに気づき全てが繋がる豊かさを想う。それらの経験を活かし、岡村本家時代には飲食店などに生産者の顔の見える味噌や鮒寿司を提供してきた。滋賀県彦根市に築100年の古民家と出会い、移住。

「顔の見える発酵食品で、つながりを取り戻そう」というテーマで、2017年1月、ハッピー太郎として活動を開始。2017年10月、屋号をハッピー太郎醸造所と変更し、発酵食品工房をオープン。主に糀屋として地元需要を担うとともに、発酵の幅広い経験と知識をもとに「話せる発酵屋」として活躍中。手がける高品質の発酵食品を求めるファンは全国に広がっている。